森と、はたらく。

日が昇るころに現場へ向かい、
仲間とともに木々に向き合う。

自然が相手だから、1日たりとも同じ日はない。

眼下に清々しく広がる手入れ後の森林に立ち、
仕事を終える。

その日の成果はすぐに実感できるが、
その木を使うのは次の世代かもしれない。

日が沈むころには家族の元へ。

道具の手入れをし、
明日の、そして100年先の森林を思う。

  • YOUはどうして林業に? 林業従事者のリアルな声、聞いてみました

    YOUはどうして林業に? 林業従事者のリアルな声、聞いてみました

    実際に山で働いている人はどんなことを考えているのだろう。働いてみての率直な感想や魅力、課題は何なのか。そんな疑問を、民間の林業ベンチャー・株式会社中川に勤める繁野秀樹さんと清水森…

  • 山に入るその前に、再び学生になる選択肢

    山に入るその前に、再び学生になる選択肢

    1年で15の資格がとれる、林業のスペシャリスト養成校 林業、いいね。そう思った時にどんな行動をとればいいか、ご存知ですか。当然、山に行って「林業、はじめました」なんて、冷や…

  • 求む、フォレスト・ヒーロー

    求む、フォレスト・ヒーロー

    森林資源がゆたかな国、日本。わたしたちの暮らしは森で成り立っている 日本国内の森林面積は約2500万ヘクタール。国土面積に占める森林面積の割合を森林率といい、日本は…

  • 自然と共に生きる、林業という選択肢

    自然と共に生きる、林業という選択肢

    林業に従事する人はかっこいい フォレストワーカーの働く現場を訪ねると、澄みきった空気がおいしく、遮るもののない深い山の中。この大自然が職場かと考えると羨ましさすら感じます。…

  • ライフスタイルに合わせて。ロード・トゥ・フォレストリー

    ライフスタイルに合わせて。ロード・トゥ・フォレストリー

    林業従事の行程、どのルートを選ぶ? 例えば山を登る時、一直線に斜面を登り頂上を目指すのと、巻き道で時間をかけて登るのでは、かかる時間と同時に、勾配による難易度も変わってきま…