わかやま林業労働力確保支援センター インタビュー

INTRODUCTION

森林・林業に関心を持つ方や就業を考えている方を対象に実施した「わかやま林業就業サポ-ト講習」の様子です。

森と、はたらく。

日が昇るころに現場へ向かい、
仲間とともに木々に向き合う。

自然が相手だから、1日たりとも同じ日はない。

眼下に清々しく広がる手入れ後の森林に立ち、
仕事を終える。

その日の成果はすぐに実感できるが、
その木を使うのは次の世代かもしれない。

日が沈むころには家族の元へ。

道具の手入れをし、
明日の、そして100年先の森林を思う。

自宅にいながら林業のことを相談できる、オンライン相談海
  • 木の命の原点に立てる仕事

    木の命の原点に立てる仕事

    フォレストワーカー制度で研修中の髙山唯(たかやまゆい)さん。切り出した木をバランスよく積み上げられるよう、指示を受けながら集材機を操っています。 髙山さんが林業に携わって今…

  • 「林業という選択をしてよかったと思っています。」

    「林業という選択をしてよかったと思っています。」

    本当にやりたい仕事ってなんだろう? 数ある仕事の中から、これだ!と思える仕事に出会えたら、それは本当に素晴らしいことかもしれません。 神奈川県出身、金融関係の仕事をし…

  • 30年前から作り続けた森が新しい林業の形を生み出す-高野山寺領森林組合

    30年前から作り続けた森が新しい林業の形を生み出す-高野山寺領森林組合

    歩いているうちに香りが変わっていく森林セラピー® 高野山寺領森林組合は、約1200年前に弘法大師空海が開いた高野山真言宗総本山金剛峯寺の山を管理する組合です。とはいえ、通常…

  • 光が入る綺麗な山を仲間と共に

    光が入る綺麗な山を仲間と共に

    「ゆっくり下ろしま〜す!いきま〜す!」 集材機の大きなエンジン音にも負けない大きな声が山の中に響きます。 声の主は、川崎翔太(かわさきしょうた)さん。屈託のない笑顔が…

  • 180度変化した仕事で地に足をつける

    180度変化した仕事で地に足をつける

    和歌山県新宮市は十津川と熊野川の河口にあります。豊臣秀吉が大阪築城をした際に熊野材を求めた頃から歴史が始まり、江戸時代から明治にかけては東京での建築ラッシュに向けて、熊野川を筏に…

  • 森の仕事とは

    森の仕事とは

    和歌山の森の仕事を知ろう 林業は、農業、漁業と同じように自然から富を得る第一次産業のひとつです。森林で樹木を伐採し木材を生産する産業といえます。昔は森で木を伐る人のことを「…